blog

HOME > 和食の基本は出汁!和食バルふわりの和食とは? 01

和食の基本は出汁!和食バルふわりの和食とは? 01

2020年5月11日

和食の基本は出汁!和食バルふわりの和食とは? 01

 

岐阜の名店、とろりの姉妹店であり、岐阜県岐阜市羽根町、名鉄岐阜駅から徒歩で約2分のホリックスピア地下1階において、「出汁にこだわり、食材にこだわり、ごはんにこだわり」をポリシーに、ゆったりと落ち着いた雰囲気のある空間で、すべてにこだわった美味しい創作和食をおいしいお酒とともにリーズナブルな価格にてみなさまにご提供させていただく店、「和食バルふわり」です。

 

みなさまこんにちは、「和食バルふわり」ブログ担当のAです。

和食の基本はなんといっても出汁にあります。

おいしい出汁を作ることができるかどうかが、おいしい和食を作れるかどうかを左右する大きな要素なのです。

だからこそ「和食バルふわり」では、お客様に最高の和食を召し上がっていただくために、毎日丹念に、じっくりと時間をかけて出汁を取ります。

一流の職人の手によって丁寧にひかれた出汁は、黄金色に澄み切って濁りがなく、香りも芳醇で、食材の本来の味を引き立たせつつ、奥深いうまみを料理に付け加えることができます。

 

出汁という文化が日本にいつ誕生したのかは諸説ありはっきりしていないようです。

ただ、室町時代に始まった大草流という日本料理の流派の「群書類従」という相伝書の中に「くくいのりうりは、かつほ二ふし程、うへのわろきかわをけつりのけて、能所を布の袋に入れてよく々にたし、物にてよくこしおくなり。其語すましみそ一盃に いまのにたし三盃入れて合也」との記述がみられることから、少なくとも室町時代以前に出汁の文化は成立しており、活用されていたことが窺われます。

それほどの長い歴史と深い文化を持つ出汁を、今回から5回にわたってみなさまにご紹介させていただきます。

 

「和食バルふわり」は、こだわり抜いて選んだ旬の食材を、熟達した料理人の手で手間をかけて丁寧に調理し、みなさまの心とおなかが「ほっ」と満足していただけるよう、心を尽くしておもてなしをさせていただく和食居酒屋です。岐阜県岐阜市で落ち着いてくつろげる、そして料理が美味しく、かつリーズナブルでカジュアルな居酒屋をお探しというかたは、是非一度、「和食バルふわり」にお立ち寄りください。

お電話やWEBでのご予約も承っております。お電話での予約は 050-5282-117、WEBからのご予約は、「和食バルふわり」のホームページのWEB予約のご予約フォームからお申し込みいただけますので、お気軽にご連絡ください。

 

和食バルふわりについて

詳しく見る

住所・アクセス・定休日

住所〒500-8834
岐阜県岐阜市羽根町1番地ホリックスピア地下1階
名鉄岐阜駅前から徒歩2分。
十六銀行本店の南スジ、ローソンを右折北進すぐ
電話番号058-265-6225
定休日不定休 ※食材の関係上、早めに閉店する場合がございます。

営業時間

  • 全日: 16:00~23:00
    (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:30)
  • 【コース予約】ご来店当日0時以降から、
    コース料金の100%(1名あたり)が発生します。
  • 【席のみ予約】ご来店当日0時以降から、
    5,000円(1名あたり)が発生します。

NET予約(24時間)

ご予約フォームに必要事項を記入しご送信ください。
その際に、アレルギーやお席のご指定等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

ご予約フォーム

電話予約(15:00~22:00)

お電話にてご希望の日程やお時間等をご連絡ください。
その際に、アレルギーやお席のご指定等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

058-265-6225