blog

HOME > おいしい出し巻き玉子が食べられる和食バルふわりとは 03

おいしい出し巻き玉子が食べられる和食バルふわりとは 03

2019年9月24日

おいしい出し巻き玉子が食べられる和食バルふわりとは 03

 

岐阜の名店、とろりの姉妹店であり、岐阜県岐阜市羽根町、名鉄岐阜駅から徒歩約2分のホリックスピア地下1階において、「出汁にこだわり、食材にこだわり、ごはんにこだわり」をポリシーとして、美味しい和食をおいしいお酒とともに、リーズナブルな価格にてみなさまにご提供させていただく店、「和食バルふわり」です。

 

みなさまこんにちは、「和食バルふわり」ブログ担当のAです。

出し巻き玉子の作り方をご説明させていただいております。

前回は、卵液を作るところまでを説明しました。

今回は、いよいよ卵を焼きます。

卵を焼く際に気を付けるポイントとしては、火力と卵液を入れるタイミングです。

まず、卵焼き器にサラダ油小さじ1/2から1ほどを入れて中火で熱します。火力をあまり強くし過ぎないことが重要です。油が十分に熱されたかどうかを確かめるために、箸先を卵液に浸け、一滴卵焼き器に落とします。このとき、ジュッという音がすればいい頃合いです。

いよいよ卵液を投入する段階ですが、まず一度目は、卵液の1/5ほどの量を入れましょう。

入れた卵を卵焼き器全体に広げ、焼きます。卵は端から固まっていきます。固まった卵を中央に集めながら、焼けていない卵液を端に流し込み、全体をムラなく焼きます。

卵が半熟に固まりかけたところで、卵焼き器の奥から手前に巻いていきます。このとき、焼きすぎると食感が悪くなってしまうので、必ず半熟の頃合いを見定めて巻き始めるのが肝心です。巻いた卵は手前から奥に移し、空いた手前の空間に油を染み込ませたキッチンペーパーで油をひき直します。

そして二度目の卵液を投入します。奥に移した卵の下に箸を差し入れ、少し持ち上げて、その下にも卵液を流し込みます。

 

「和食バルふわり」は、こだわり抜いて選んだ旬の食材を、熟達した料理人の手で手間をかけて丁寧に調理し、みなさまの心とおなかが「ほっ」と満足していただけるよう、心を尽くしておもてなしをさせていただく和食居酒屋です。岐阜県岐阜市で落ち着いてくつろげる、そして料理が美味しく、かつリーズナブルな居酒屋をお探しというかたは、是非一度、「和食バルふわり」にお立ち寄りください。

 

お電話やWEBでのご予約も承っております。お電話での予約は 050-5282-117、WEBからのご予約は、「和食バルふわり」のホームページのWEB予約のご予約フォームからお申し込みいただけますので、お気軽にご連絡ください。

和食バルふわりについて

詳しく見る

住所・アクセス・定休日

住所〒500-8834
岐阜県岐阜市羽根町1番地ホリックスピア地下1階
名鉄岐阜駅前から徒歩2分。
十六銀行本店の南スジ、ローソンを右折北進すぐ
電話番号058-265-6225
定休日不定休 ※食材の関係上、早めに閉店する場合がございます。

営業時間

  • 月~木、日、祝日: 16:00~23:00(料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)
  • 金、土、祝前日: 16:00~翌2:00(料理L.O. 翌1:30 ドリンクL.O. 翌1:30)
  • 【コース予約】ご来店当日0時以降から、
    コース料金の100%(1名あたり)が発生します。
  • 【席のみ予約】ご来店当日0時以降から、
    5,000円(1名あたり)が発生します。

NET予約(24時間)

ご予約フォームに必要事項を記入しご送信ください。
その際に、アレルギーやお席のご指定等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

ご予約フォーム

電話予約(15:00~22:00)

お電話にてご希望の日程やお時間等をご連絡ください。
その際に、アレルギーやお席のご指定等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

058-265-6225