blog

HOME > 出汁とは(昆布編) 04

出汁とは(昆布編) 04

2019年8月22日

出汁とは(昆布編) 04

 

岐阜県岐阜市羽根町、名鉄岐阜駅から徒歩約2分のホリックスピア地下1階において、「出汁にこだわり、食材にこだわり、ごはんにこだわり」をポリシーに、美味しい和食をおいしいお酒とともに、リーズナブルな価格にてみなさまにご提供させていただく店、「和食バルふわり」です。

 

みなさまこんにちは、「和食バルふわり」ブログ担当のAです。

前回は水出しの昆布出汁の取り方を説明しました。今回は煮出しの昆布出汁の取り方を説明します。

 

煮出した出汁は、水出しに比べて香りが強く、うまみが濃厚なものになります。どんな料理にも使うことができ、その料理の味をワンランク引き上げることができます。

水出しのときと同じように、水に対して1%から2%の分量の昆布を切り取り、水に浸します。

1リットルの水分量に対して昆布が10グラムから20グラムの量です。

昆布を浸したまま30分ほど置きます。これは、火にかけたとき、昆布のうまみをスムーズに引き出すことができるようにするためです。30分経ってから、火にかけます。火は中火よりやや弱めにし、1リットルの水分量なら約10分ほどかけてゆっくり沸騰直前まで待ちます。強火にして一気に沸騰させてしまうと、昆布のうまみがきちんと抽出できなくなり、雑味が出てしまいますので、注意しましょう。

そして沸騰直前の段階で昆布を取り出します。沸騰直前とは、鍋の底から小さな泡がふつふつと出てきたくらいの頃合いです。沸騰したお湯に昆布を入れたままにしておくと、昆布の粘り成分までが溶け出し、雑味やえぐみ、海草臭さが出てしまい、せっかくの風味が損なわれてしまいます。

火は中火からやや弱め、沸騰直前に取り出す、このふたつに注意し、くれぐれも煮出しすぎないようにしましょう。

 

「和食バルふわり」は、こだわり抜いて選んだ旬の食材を、熟達した料理人の手で手間をかけて丁寧に調理し、みなさまの心とおなかが「ほっ」と満足していただけるよう、心を尽くしておもてなしをさせていただく和食居酒屋です。岐阜県岐阜市で落ち着いてくつろげる、そして料理が美味しく、かつリーズナブルな居酒屋をお探しというかたは、是非一度、「和食バルふわり」にお立ち寄りください。

 

お電話やWEBでのご予約も承っております。お電話での予約は 050-5282-117、WEBからのご予約は、「和食バルふわり」のホームページのWEB予約のご予約フォームからお申し込みいただけますので、お気軽にご連絡ください。

 

 

 

和食バルふわりについて

詳しく見る

住所・アクセス・定休日

住所〒500-8834
岐阜県岐阜市羽根町1番地ホリックスピア地下1階
名鉄岐阜駅前から徒歩2分。
十六銀行本店の南スジ、ローソンを右折北進すぐ
電話番号058-265-6225
定休日不定休 ※食材の関係上、早めに閉店する場合がございます。

営業時間

  • 全日: 16:00~23:00
    (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:30)
  • 【コース予約】ご来店当日0時以降から、
    コース料金の100%(1名あたり)が発生します。
  • 【席のみ予約】ご来店当日0時以降から、
    5,000円(1名あたり)が発生します。

NET予約(24時間)

ご予約フォームに必要事項を記入しご送信ください。
その際に、アレルギーやお席のご指定等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

ご予約フォーム

電話予約(15:00~22:00)

お電話にてご希望の日程やお時間等をご連絡ください。
その際に、アレルギーやお席のご指定等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

058-265-6225